竹瓦かいわい路地裏散歩

別府駅より東側の地区は、昔ながらの路地裏が残る地域。戦災にあっていないことからそのままの姿で残っており、人々が生活しています。別府の人々の生活の中には温泉の文化が根付いており、地元の人が通う共同温泉が沢山あります。
竹瓦界隈のガイド付き街並み散策(おやつ付き)
コース時間
:2時間以内(移動時間30分含む)
参加料
:600円
対応人員
:1グループ最大20名

《オススメポイント》

別府駅

 温泉の町らしく気軽に温泉に触れられる手湯があります。また、別府観光の父といわれる油屋熊八の像があります。ここでは、別府八湯全体の説明と、別府を全国・世界に向けて宣伝し、様々なアイデアで別府観光の基礎を築いた油屋熊八について説明しています。

竹瓦かいわい路地裏散歩ガイド山村さん
国際民宿こかげ

国際民宿こかげ

 別府には沢山の外国人観光客が訪れており、旅館ホテルも市内に約300軒あります。その中のひとつ、1940年(昭和15年)創業の国際民宿こかげは、別府駅から徒歩2分という距離にもかかわらず、路地裏にひっそりとたたずむ宿です。国際民宿の名の通り、多くの外国人観光客が宿泊しています。また、館内には昔ながらの蓄音機や電話機などの他、昔の別府の写真を観ることができ、タイムスリップした感覚になれます。

platform07
 「別府竹細工職人工房」

 別府の伝統工芸品の一つに竹細工があります。大分で活躍する竹細工職人が、別府の竹細工の歴史の説明や、作業工程を観ることができます。また、工房内には様々な作品が展示販売していますので、実際に工芸品を観ることもできます。

茶房たかさき